___

「みはり」の松村北斗を考える

みなさんCHANGE THE ERA 201ixはお済みでしょうか?私は宮城と大阪でちぇんえらさせていただきました。6人とスト担さんと一緒にちょっくら時代変えてきました。たのしかった!とにかく楽しかった!ありがとうSixTONES!お前ら最高だぜ〜!(慎ちゃんか誰かの真似)

 

 

 

私の自担、というか推しというか、そういう存在の人は松村北斗くんです。

 

私はもちろんSixTONESのことが好きです。それは北斗くんがいるからでもあり、北斗くんがほかのメンバーを心から愛していて、尊敬しているというのが彼の言動から溢れんばかりに伝わってくるから、でもあります。でも実際にコンサートに行って、ほかのメンバーのパフォーマンスを見ていって、私は松村北斗を通してではなく、純粋にほかのメンバーのことを好きになりました。

慎太郎くんの踊りが、彼のかく汗のひかりが好き。髙地くんのファンへの愛溢れる笑顔が、一生懸命歌って踊れるところが好き。きょもの独創的な世界が、低い音もハイトーンも綺麗に出せる声が好き。じゅりちゃんの、聞いている方がドキドキしてくるような、ラップが、彼の書くリリックが好き。ジェシーの笑い声が好き。しっとりとした歌を完璧、また、それ以上に歌い上げるところが好き。SixTONESが好き。北斗くんのおかげで私の好きなものはたくさん増えました。

 

私の中で松村北斗さんは人格の形成の仕方がめちゃくちゃ複雑な人だと言う認識があります。多分、そういう人って身近にいないものだし、そういう人の考えとか世界に触れたりすることって少ないと思うんです。ここで私が言っている人格というのは性格、振る舞いのことで、あくまで私の勝手な解釈でありますが、わかりやすく言うと彼は場面や状況によって(他の人と比べて)かなり人格が変わる人、もしくは変えることが得意な人だと思っている、ということです。

 

そもそも私が彼を好きになったきっかけはただ一つで、

f:id:tara021408:20190423201022j:image

完璧にこの衣装のせいです。衣装で?って思うかもしれませんが。衣装です。

何度も言うようですが個人的に勝手に解釈して楽しんでいるだけです。しつこいようですが。それで、私は勝手に北斗くんは衣装などによっても人格をコロリと変えられる人だと思っています。だから、お芝居のときの役を演じるのも上手いんだと思います。(現在放送中だよね〜パーフェクトワールドがっ!いっくんいっくん!って言ってる北斗くん、尻尾生えてたし、喧嘩のシーンは牙生やしてた。かわいい。)

 

そんな中で今回のツアーで北斗くんが披露したみはり。どう考えても松村北斗の陰だとか鬱だとかそこらへんの人格に触れちゃいましたね。参った。こんなの沼にハマらないわけがなくなーい!?いや、松村北斗さんがラジオでリクエストした曲があいみょんだったりだとか、過去にソロ曲であやめだとかmariaだとかそこらへんをチョイスして歌ってるのを見てはいましたが。いましたが。いましたがっ!北斗くんのみはり、曲への解釈、選曲、演出、衣装、歌声、ダンス、全てよかった。それに尽きる。

私は恥ずかしながら「みはり」のことを元々知っていたわけではなかったのですが、「みはり」という曲単体で考えると、男の魂!というような汗臭さすら漂う、だけど静かに燃えているロックな、心を揺さぶる曲!だと感じました。実際にKis-My-Ft2北山宏光くんがこの曲を披露したときの動画を見たりしました。楽器を抱えて静かに歌い上げる。それこそが男闘呼組のみはり。みんながそう思って、大事にしていた曲。しかし、松村北斗さんの作ったみはりはどうでしょう。原曲に全く手を加えず、加工もせず。なのに、こんなにも違う。このパフォーマンスの裏に隠されたストーリーを、スクリーンの映像、歌声、表情、全てから私たちに読み取らせようとしてくれている。まさに視覚と聴覚に訴えかける。そんな「みはり」。間奏での、切羽詰まっているような、しかし斬新で大胆な踊り、最後の、アカペラで耳も目も離せなくなるような声。そして上段からの飛び降り。大抵のジャニーズの現場では曲終わりは拍手や「フゥ〜」という歓声が沸き起こるものなのですが、北斗くんのみはりでは違いました。「えっ…」だとか、「おお…」というような戸惑いのような声がきこえました。でもそれは少数派に過ぎません。多くの人は「圧倒されて」いました。「息を呑んで」いました。実際に入った方なら分かると思います。普通、考えますか?ジャニーズのコンサートでの、息を呑むようなパフォーマンス。アダルティな雰囲気の曲、だとしたらまあわかりますが、これはそうではありません。

私はこの瞬間がすごく、癖になりました。恐怖にも似た興奮。緊張。松村北斗は恐ろしい。恐ろしいが故に、私は更に彼に惹かれました。

 

こんなに長々と北斗くんのことについてだけ書いてしまいましたが、SixTONESのメンバーは全員同じような才能があると思っています。彼らは彼らのオリジナル楽曲でも、魅せ方を何通りも知っています。先輩の楽曲でも、アレンジ、というより180度見方を変えた演出をしてきます。既存の楽曲は、大抵、固定観念が付きまとってしまうものですが、彼らはそれを否定はせず、元の形を残しながらも綺麗に塗り替えてしまうのです。その美しさはSixTONESの強みです。私はそう思います。

 

彼らはいつも私たちを多重の意味で驚かしてくれます。私はそんな彼らが大好きです。もちろんそのきっかけとなってくれた北斗くんのことも。あの衣装も。

早くまた彼らのステージを見たいです。

楽しみにしています。

少年たち 感想 メモ

・ネタバレあります

松村北斗多め

・ストーリーよりタレントに対する感想が主です

・順番特に関係ないです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・オープニング

怖かった 文字を浮き上がらせるのは本当に怖かった ここで?という場所で私のよく知っている曲のイントロが流れ始めて怖かった 目は乾いていないのに自然に瞬きが多くなった。

踊っている最中にするダイケンの笑顔が「アイドル」だった。大好き。あれは23歳の笑顔じゃないです。多分15歳。

 

横山裕

顔がドアップで映る度に苦しい気持ちになった…。似合うよねああいう役。なんとも言えない気持ちにさせるのが上手。最初敵サイドなのに最後には逆側にいるの何?プリキュアの悪役か?

 

宮近海斗

っぽい!めっちゃぽいよ!めちゃくちゃ「友人と夢を追いかけていたが悪い人に騙されて友人が刑務所送りになってしまった人」っぽい!よく考えたら彼が1番不憫では?ジュンが死んだと聞かされてから自責の念に駆られていそう…。バドエン厨なのでそういう妄想ばかりが膨らむ。

 

戸塚祥太

前髪が可愛かった。あの人、もう何歳…?多分年相応に見えない。知らんけど。正直めちゃくちゃ顔が好きなのでもっと出番があってもよかったんじゃないの!?!?とキレ散らかしそうになった。自粛した。わたし、えらい。

 

・岩本照 ジェシー

舞台版とはまた違った形での対立?の仕方。私の理解力が無いので(あと、1回しか見てないので)よくわからなかったんですが、嶺亜たんを巡ってバトってたんですね。2人が別の檻に入って言葉を交わすシーンでジェシーが「いるんだろ?」と1人でお話しだしたところでもし岩本くんがいなかったらめちゃくちゃ面白いなと思いながら見てた。嶺亜たん殴ったやつのことは許せないです。

 

高地優吾

横山裕とはまた違った痛みを彼の笑顔から感じた…。怖いというより、なんといいますか、なんて言うんだろ、あの感情なんだったんだろ、誰か教えてください言葉にしてください…。こーち…。しくしく。

 

京本大我

歌うま!髪黒い(かわいい)!岩本照くんになんかされてる(かわいい)!横山裕に勝手に日記を変な風に読まれて顔歪ませてる(かわいい)!タスクさんやジョーのことを想って脱走計画立ててる(かわいい)!走ってる(かわいい)!死んだ(は????)!

 

森本慎太郎

ヒロトがいたからダイケンも素直になれるところがあるんですよね…これぞエモ。算数ドリル教えてあげたい。あの縦長のやつ懐かしい。神社?での掃除シーンが個人的にツボでした。北斗くんにコツンされてぇなぁ。コツンコツン。えへへ。北斗くんやめてよ〜ごめんって〜!もう〜私が悪かったよ〜謝るよ〜ごめんなさい😝キャッキャッ🥰

 

・深澤辰哉

ビリヤード姿がめちゃくちゃ深澤辰哉だった Wiiパーティみたいにボールと同じサイズになってタスクさんの突いた玉に弾き飛ばされて死にたい。

 

渡辺翔

なんかどっか一瞬めちゃくちゃ「顔がいい〜〜(笑)」ってなったところあったな、いやもしかして一瞬とかじゃなくて毎シーンかもな 渡辺翔太を見る度に自分で「よくファンの方から“顔がいい”と言われる」と言ってたこと、思い出します。たまにそういうこと言って、全然そうじゃねーだろ!みたいな人いますけど渡辺翔太に関しましては“ガチ”なのでね。

 

佐久間大介

終盤脱走のとき、アニオタのフィギュアの件で絶対佐久間大介のターンだろと思ってたんだけどまさかのモリで笑った。佐久間大介のターンはアクロバットのみだったので佐久間大介の無駄遣いだったよ。ほんとにさ、そういう無駄使いすんなら節約しなよ。

 

宮舘涼太

あんな、ツナギ着てて、そんなにさ、あんなにさ、そんな、思わなくない?あんなえっちだなんてさ、考えなくない?普通?おかしくない?わたしワッキーだから男性ホルモン受信しちゃうよォ…(?)

 

阿部亮平

普段あんな感じのお天気お兄さん阿部くんが女の子の話するの、すげー!!!と感動した。どちらかと言うとふっかと阿部くんの役て逆の方がハマる感じするんだけど、これはめちゃくちゃ良い阿部亮平。配役だれしたん?ジャニー喜多川?ヒロムなのか!?ヒロムーーー!!!!!!(愛)

 

・田中樹

あまり前に出てこない役でしたが、彼の犯した罪や今後に興味を持たせてくれた。ミステリアスな色気というかなんというか。お顔がかわいい。普段SixTONESにいるときの樹くんと真逆?の感じ?最後の謎ショータイムみたいなのもよかったなぁ〜はぁ。(中身がない感想)

 

松村北斗

メガネってさ、はぁメガネってさメガネの用途わかってんのか????ダイケン目悪くねぇだろむしろいい方だろ動体視力もいいだろ優良物件すぎんだろ。ところで刑務所にいる人と籍入れることは可能なのかな???どうなのそこんとこ。ハッキリしてもらわないとね。困りますよねぇダイケンガチ恋勢のみなさん!?!?ねぇ!?聞いてんのか??

***********************************************************

ダイケンの罪はダイケンという役そのものが犯したはずなのに、松村北斗に合いすぎているし人を刺そうが弟に弁当を作ろうが遅刻しようが松村北斗は最高だった。エプロンしてんの、まじでかわいかった。これしか言えなくてごめんね松村北斗…。

脱走計画に最初は反対して、でも最終的に計画の要になってるダイケンのこと、大好きだな。頭のいい男は最高だな。男はルックスと頭の良さだな!!!(そんなことないです)

 

・エンドロール

踊りのときの私服っぽい衣装 松村北斗の普段の私服(YouTube参照)に見慣れているので、ああいうのは新鮮でよかったな。みんな、ダサいけど、もう5周くらい回ってそれでいいじゃん。良さじゃん。オリジナリティじゃん。守ってこうぜ。私たちオタクでさ…。🤙🤙🤙

 

 

(完)